プロフィール

出水鏡子

  • Author:出水鏡子
  • ↑画像は一応本人
     (2016年11月撮影)
    ・山間部在住
    ・年齢…49歳(自称(^^;)
    ・鳥類・爬虫類・両生類好き
    ・甘いものが苦手
    ・栄養学の知識が少々
    ・語学の才能なし。反動で
     言葉に拘り、悪あがきで
     Deutschと北京語を齧る。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新入り君

といっても新入社員君の話題ではありません^^;。我が家の浴室に、新たにお目見えしたアマガエル君の話です。
冬眠明けから間も無い時期で、自然にやってくるにはちょっと早い。ま、父が自家菜園でみつけてつれてきたカエルくんなんですけどね。痩せ細って弱々しく色もくすんでいる小さな個体で、よく見ると(生まれつきなのか)左前足がありません。自然界で生き延びるのはちょっと難しそうだなと、つい持ち帰ってしまったというわけです。

初めは警戒心が強く、隠れてばかりいましたが、おなかがすいていたからでしょうか、すぐにピンセットからのエサに飛びつくようになりました。ただ大きめのエサは苦手のようで、ショウジョウバエのような小さな虫(集めるのがちょっと手間でした(~_~;))が大好きでした。
あ、過去形で書いてしまった・・・・・・。実はこの記事をupしようとした矢先に、水を張っていた浴槽に落ちて死んでしまったのです。これまでも滞在しているカエルが落ちたことがありましたが、無事だったので油断していました。3本足では上手く泳げなかったのかもしれません。(T_T)
こんな小さな命でも思い入れがあり、失うとやはり悲しいです。『どうして(浴槽の)蓋をしっかり閉めておかなかったんだろう』と後悔してみたり。

少し前に撮影した写真が、1枚だけあるので貼っておきます。出水の歯ブラシの柄につかまっていたところをパチリ(ちょうど左前部分が隠れてイイ角度で撮れました)。後ろに白い紙を置いてもう一枚撮りたかったんですけど、気配で逃げられました。体形も色も、我が家につれてこられた時とはまるで別のカエルのように「普通」っぽくなっています。
亡くなる直前には、この写真よりもさらにふっくらして色もツヤツヤになっていたというのに。。。。。。
・°・(ノД`)・°・
アマガエル
スポンサーサイト

タグ : アマガエル

<< 50枚中僅か・・・ | ホーム | 耐性不足 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。